小学校受験の対策なら幼児教室にマルっとお任せ!

マンツーマン指導

一般的に塾と言えば、学校と同じように教室で、一定数の他の生徒と一緒に勉強する形式になっていますが、その中でも「個別指導」という、少し特殊な形式も存在します。これは区分けされた空間で、講師と生徒がマンツーマンで授業をするというもので、一般の教室の授業とは異なり、中学受験などを控えた生徒が集中して勉強ができるという利点があります。またさらに、講師の方としましても、その対象の生徒の学習能力に合わせて授業を進める事ができるために、その生徒に合ったペースと内容で授業を進められ、生徒の理解力と学力の向上にも向いています。この形式は、学習塾の主流の形式とは言えませんが、従来の「学校の教室形式」とは異なる、新しい形での方式として、多くの学習塾に取り入れられているようです。学校とは異なる形式を取るという事は、学校ではできない付加価値を持たせるという事なので、このような形式の授業は、確かに学校では不可能な部分を補う点では、大きな効果を持っていると言えるでしょう。

従来の学校では不可能な部分とはなんでしょうか。実に学習に関しましては、「中学校頃までの勉強の形式で、その生徒の学習能力の進展が決まる」と言われるくらいに、その時期の勉強方法は重要です。なので中学受験の頃までに、その生徒の一定の学習能力と、勉強のスタイルと偏差値を把握して、その生徒に合った学習形式を作り出さなければ、その学力を伸ばすのは困難とされています。ですから時期としましては、中学受験の頃くらいまでに、従来の学校の「集団形式での授業」と、塾や家庭教師のように特殊な「個別指導」をどちらも経験し、その上でどちらのスタイルがその生徒に合っているのかを判断して、その学習の仕方として取り入れていくのが重要になります。このように異なった形式に指導法ですが、そのどちらが優れているか、というものではなく、その両方を取り入れてうまく併用する事が、その生徒の学力を伸ばす効率的なやり方と言えるでしょう。生徒に合ったやり方を取り入れて中学受験に控える事で、より結果に差をつける事が出来るでしょう。